北陸数論セミナー

このセミナーは、北陸地方の数論研究者を中心に月2回程度の割合で開催されています。場所は交通の便を考え、主に金沢大学サテライトプラザで行っています。発表内容は、オリジナルな結果・論文の紹介・問題提起等数論に関係あることなら何でもありの気楽なセミナーを目指しています。講演を御希望の方は

までご連絡下さい。

セミナーの予定

第244回 (2020年4月9日(木)18:15~)
講演
鈴木美裕氏(京都大学大学院)
講演題目
$\mathrm{GL}(2n)$の内部形式の表現と線型周期について
概要
$p$ 進体上の$\mathrm{GL}(2n)$の表現の線型周期とは, $\mathrm{GL}(n)\times \mathrm{GL}(n)$に関して不変な線型形式のことをいう. 0でない線型周期の存在とL関数の極の存在との関係について, これまで多くの研究がなされてきた. 特にMatringeは, 離散系列表現が0でない線型周期をもつことと, あるL関数が $s=0$ で極をもつことが同値であることを示した. 本講演では, この結果の内部形式への拡張を紹介する. Hang Xue氏(University of Arizona)との共同研究.

今後の予定

北陸数論研究集会

参考資料(ご提供いただいた資料です)

セミナーの記録

平成14年度 平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成18年度
平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度
平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
平成29年度平成30年度2019年度